FC2ブログ

禁欲の後のH - 人妻出会い喫茶【人妻・ギャル達との出会いハメ撮り体験談】

人妻出会い喫茶【人妻・ギャル達との出会いハメ撮り体験談】 ホーム  »  スポンサー広告 »  人妻 »  禁欲の後のH

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁欲の後のH

二回目の逢瀬…。(初回はこちらで)
夏の暑い一時、体中汗と汁まみれで楽しみました。貪りました、かな。
僕は身体の相性と、気持ちの相性が合わないと2回目は無い人間なのだけれど、自ら会いたいと思いましたね。相手も人妻だけに都合もあって、なかなか会えなかったのだけれど、事前にTEL Hは何度もしていた。今回は会う10日前にTEL Hをしたあと、ずっと禁欲生活でした。お互いに。


お互いに身体を抱きしめ、キス。しばらく会えなかった寂しさを紛らわすように、全部を吸いあうようなキス。舌を絡めあうのと同じように、身体もお互いに絡み合う。そんなキスと抱擁を長い間していると、どちらからともなく、互いの気持ちよい部分を愛撫。
僕は髪を撫でながら、胸を愛撫。お尻を強く揉む。自分にもっと密着させるかのように。彼女は僕の息子を愛おしくさすり、撫で、そしてしごく。そのままフェラへ…。
僕のズボンのファスナーを下ろし、ホテルに一緒に来るまで、いや、彼女と会った時からずっと勃起していた息子を、彼女の顔前に差し出す。「待ちわびていたものだよ」、と一言。とろんとした目の彼女が、一心不乱に舐めだす。鬼頭の先からカリの部分、アイスを舐めるようにぬぐいとり、喉の奥までくわえる。これだけで気持ちよくなっている彼女の「女のニオイ」がしてくる…。本人は知らないだろうが、僕には分かるニオイ。

そのまま一気に壁際まで押し倒すようにし、強引にミニスカからパンティだけ脱がす。アソコを確認すると、既に白いねっとりした液で濡れている。一番敏感な部分に舌を這わせ、ころがすように弄びながら白い愛液を吸い取る。

 「まだ…シャワー浴びてない…から……」と彼女は言うが、これが良い。恥ずかしがる彼女を押さえつけ、アソコに指を奥深くまで入れる。もう彼女の感じるポイントは分かっているから、前フリ無しで直接愛撫。そうしていると、ポルチオでの感じるポイントにまで指が届くようになる。ここを刺激し始めると、彼女は潮を噴く。絨毯にポタポタと液が垂れ始める…。そしてピシャピシャ…と。

 「このまま犯して…」
いきりたった息子を彼女のお尻で擦ると、彼女はこう言った。勿論言わせたかったのだけれど、だいぶ快楽に素直になって来たと嬉しくなった。
お尻をわしづかみ、びらびらが開いてヒクヒクしてるアソコに、バックから生で一気に挿入。凄く濡れているので、根元まですんなりと僕のをくわえ込む。奥まで入れると、鬼頭にまとわりついてくる、暖かい肉ヒダと愛液の感触がとても気持ちいい。彼女のアソコがいいのは、これが大きい。気持ちよすぎるからか、そうとう溜まって敏感になっているからか、いつもなら出来る我慢が全然出来ない。
しばらくバックでやった後、ベットに押し倒す。正常位で再び挿入。こちらが動かなくても、彼女が腰を動かし、もう出して出してとおねだりするような、そんな彼女の腰づかいにやられ、ただもう必死に彼女の奥に入りたがる僕の息子。

最後は引き抜き、口内射精。喉の奥に10日溜めていた精子を、どくどくっと放出。彼女はそれを全部飲んでくれた。尿道の奥のも全部、全てを搾り取るように。そんな彼女がとても愛おしかった。スリムだが抱き心地の良い、柔らかい身体を抱きしめ、しばし横になる。まだまだ日は高い。夜はこれからです…

場所> 【人妻性体験】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。